裕木奈江が海外を経て日本に上陸

裕木奈江が海外で変身をとげました。
“おやじキラー”から37歳イイ女へに
なって日本に帰ってきました。

クリント・イーストウッド監督の
「硫黄島からの手紙」で
ハリウッドデビューした女優、
裕木奈江(37)が一時帰国し、
7月31日、東京都渋谷区のNHKで、
9月17日放送の
「英語でしゃべらナイト」
(月曜後11・0)の収録に参加した。

硫黄島に出ていたのですね。
裕木奈江のアイドル時代を思い出しますが
いつのまにか海外に行ってしまっていました。


平成16年9月から1年間、
文化庁の在外研修員として留学した
ギリシャでの体験談を披露。

ヤギが草をはむ中でギリシャ劇を演じ、
バッグ一つの旅でテント生活をしたといい、
収録後のサンケイスポーツの取材でも、
「農家の小屋を1カ月2万円で借りて安くて喜んでたら、
ダニが出て大変でした」と愉快に続けた。

帰国後、一時消息がぷっつりと途絶えた。
実は渡米してオーディションを受け、
「硫黄島−」、
現在、東京・恵比寿ガーデンシネマで
公開中のデビッド・リンチ監督
「インランド・エンパイア」
(裕木は2日に舞台あいさつ予定)の役を得ていた。

20代ははかなげな印象で、
“おやじキラー”とバッシングされたが、
今や、ダニと寝た女。
「日本語が通じなくなったら、
自分の中から違う何かが出てきた。
性格が変わりました」としみじみ。
結婚8年の11歳年上の
ヘアメークアーティストの夫も日米で仕事をしており、
「なかなか会えないけど、ケンカしなくて済む、
と米国人の友達に話したら、本気で心配して。
ニュアンスが通じないんですね」。
文化の違いや言葉の壁にぶつかり、
もまれ、しなやかな女性に変身していた。

トップ > 裕木奈江について > 裕木奈江が海外を経て日本に上陸

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。