裕木奈江が登場

女優の裕木奈江が2日、
都内で行われた出演映画
「インランド・エンパイア」
(公開中、デイヴィッド・リンチ監督)
の舞台あいさつに登場した。

前回作の5年ぶりとなる
裕木奈江ですがどんな姿を見せてくれるのか
気になる所です。

 最近では「硫黄島からの手紙」などにも出演していたが、公の場に姿を見せるのは、02年の「ピカレスク 人間失格」での会見以来、約5年ぶり。同作では当初、エキストラでの出演だったが、リンチ監督に見いだされて“格上げ”されたという。約30人の報道陣に囲まれ、緊張の面持ちで「帰ってきたという感じがします。ありがとうございます」と、あいさつ。

 05年から1年間、ギリシャに演劇留学も経験し、現在は日本と米国を行き来する生活を送っている。「日本を出たことで幅も広げることもできた。日本とか米国だけじゃなく、中国とか韓国の映画にも積極的に出て行きたい」と、国際派女優としての活躍を目指した。

トップ > 裕木奈江について > 裕木奈江が登場

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。